仮囲い工事

町を歩くとよく見かける、建設現場や工事現場の周囲を囲んでいる仮囲いに、「何のためにあるの?」と疑問を持ったことはありませんか。

仮囲いはさまざまなニーズに応じて、安全鋼板・ネットフェンス・ガードフェンスなどが用いられ、各現場の指示に従って迅速かつ丁寧に仕上げられ、外部と内部の安全を守っています。

仮囲いの目的

1.関係者以外の立ち入りを防ぐ

現場では、作業車が頻繁に出入りしたり、大きな部材が移動したり、掘削作業が行われたりしているため、大変危険です。
このような場所に一般の方が立ち入って大きな事故に巻き込まれないようにしています。

2.工事期間中の騒音を減らす

住宅街で行われる工事では、周辺地域への最大限の配慮が必要になります。
騒音で近隣の方々の快適な生活を損なうことがないようにしています。

3.粉塵や資材などが現場の外に出ることを防ぐ

特殊な建材や資材は、その扱いを専門業者に限っていることが多々あります。
これらが誤って外に出ることがないようにし、同時に粉塵の散布も防いでいます。

4.現場周辺の景観を保つ

周りの風景に合わせたり、葉っぱのデザインや地域の子供のイラストを施すなど、工夫を凝らしたデザインで町の景観を守っています。

足場工事、鳶職人の求人のことならアプラス

【TEL】090-7092-7499/072-976-4993
【所在地】大阪府八尾市南木の本5-60-12
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】八尾市を中心に近畿圏内

一覧ページに戻る