単管ブラケット

単管ブラケットは、単管パイプとブラケットと呼ばれる金具で固定して足場を組むため、強風に耐える強度を持っています。さらに、高さや躯体との間隔を自由に調整できるため、作業内容に柔軟に合わせることができます。
一方、部材をボルトでしっかりと締める工程が必要になるため、その分工事に時間が必要になります。

このようにデメリットはあるものの、高い安全性と柔軟性により多くの現場で採用されています。

単管ブラケット足場のメリット・デメリット

メリット

○強度・安全性が高い
○組み立ての自由度が高い

デメリット

×比較的工期が長い
×金具の固定時に騒音が出てしまう

このような時にオススメ

□低層建物の建設
□低層建物の塗装工事

足場工事、鳶職人の求人のことならアプラス

【TEL】090-7092-7499/072-976-4993
【所在地】大阪府八尾市南木の本5-60-12
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】八尾市を中心に近畿圏内

一覧ページに戻る